第179回月例会のご案内

日増しに寒さが加わってまいりました、皆さまくれぐれもご自愛ください。
1.日 時:平成28年12月10日(土) 14:00~16:30
2.場 所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
      JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折 80m左側

3.基調講演:「武士道か 士道か」 
4.講   師: 清水 多吉 先生(大正大学名誉教授)
5.講師のプロフィール
第179回福島県会津若松生まれ。哲学者。立正大学名誉教授。フランクフルト学派の研究に取り組んだ先駆的哲学者。東京都立新宿高等学校を卒業、東京大学文学部哲学科卒。1963年から立正大学勤務、教授、2004年に定年退任、名誉教授となる。日本の碩学として、著書・翻訳書多数。

6.講演のポイント
(1)「武士道」は、日本人独特の生き方。中国人、韓国人にはない考え方、生き方。中国・朝鮮王朝に、「封建制度」はあっても、「Feudal System」はなかった!
(2)理想化された「武士道」の誤解を解き、本来の武士道の姿を探求する。
(3)「葉隠」も、現代風に言えば「サラリーマン士道」であった!

7.主要な著書・翻訳等
①クラウゼヴィッツ『戦争論 (上下)』(現代思潮社、1966、中公文庫、2001)②『戦争論入門—かけひきの論理勝つ科学』(日本文芸1974) ③『一九三〇年代の光と影-フランクフルト学派研究』(河出書房1977) ④『ヴァーグナー家の人々—30年代バイロイトとナチズム』(中公新書、1980/中公文庫1999) ⑤『ベンヤミンの憂鬱』(筑摩書房1984) ⑥『西周 兵馬の権はいずこにありや』ミネルヴァ書房(日本評伝選2010) ⑦『岡倉天心 美と裏切り』中央公論新社(中公叢書2013)⑧『柳田國男の継承者 福本和夫』ミネルヴァ書房(人と文化の探求⑨ 2014) 
⑨『武士道の誤解 捏造と歪曲の歴史を斬る』(日本経済新聞出版社2016)

8.参加会費: 会員1500円   非会員2000円   学生1000円
9.申し込み先:Eメール  神保明生  suntzu.uketsuke@gmail.com   ・HP: http://sun-tzu.jp/  
  ・FAX  047-425-6808 (前原)   ・TEL  080-3124-7217 (前原)

10.次回、第180回は12月17日(土)14:00~開催です。場所は、サロンドジュリエ(東銀座)です。
基調講演:「下町ロケット」 講師:萩野茂雄氏・源次郎氏(三芳合金相談役・社長・工博)
サロンドジュリエ・住所:東京都港区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F TEL:03-3543-3151
アクセス:地下鉄東銀座駅4羽bb出口より1分歌舞伎座のすぐそば

特別講演会のご案内

孫子経営塾 特別講演会    偕行社後援
1. 講師: 冨澤(とみざわ) 暉(ひかる) 偕行社理事長
2. 日時: 平成28年11月23日(水)勤労感謝の日  午後1時~3時半
3. 場所: 偕行社 3階会議室
JR市ヶ谷駅から靖国神社方面へ三つ目の信号「東郷公園入口」を右折、東郷通りを80M行き左側の翆ビルの三階です。外に偕行社の看板が3階の位置にあります。

4.演題: 中国と北朝鮮からの軍事的脅威をそれぞれ如何に認識し対応するか。
5.ポイント: 中国からの軍事的脅威と北朝鮮からの軍事的脅威では其の発生公算が異なり、内容も異なり米軍を始めとする友好国軍の動きも異なる。最悪の場合その両脅威を同時に受けた場合も想定すべきだろうが,先ずはその一つずつの脅威を分析しそれぞれに対応する方法を考えるべきである。米軍と自衛隊の現体制から考慮するならば北朝鮮の脅威、特に核ミサイル攻撃とテロ・ゲリラ攻撃への備えが、不十分なので、これらに対する対応準備を最優先に考えたい。併せて米大統領選挙結果が上記に及ぼす影響についても触れたい。

6.講師プロフィール:
特別講演
昭和13年3月東京生まれ、疎開先福島育ち。父は芥川賞作家 冨澤有為男。
都立日比谷高校から防衛大学(4期)に進学、昭和35年自衛隊入隊。上富良野戦車大隊長、
松本普通科連隊長、練馬師団長、北部方面総監、陸上幕僚長を歴任。その間に各種幕僚・
研究員等勤務。退官後は東洋学園大学理事兼客員教授として、安全保障・危機管理などを担当
昨年3月教職を辞し、現在同大学理事・名誉教授。日本防衛学会顧問、財団法人偕行社理事長。
妻の父は藤原岩市、戦中マレーハリマオ工作インド国民軍工作担当のF機関長、
戦後、陸上自衛隊調査学校長、第12師団長、第1師団長を歴任。
7.著書: 「逆説の軍事論」 バジリコ出版, / 「矛盾だらけの日本の安全保障」 海竜社 (田原総一朗
氏との対談録)
8.参加費: 1500円
当日、受付にて頂戴致します。

9.お問合せ先:孫子経営塾 塾長 前原清隆;FAX 047-425-6808
(事前申し込みはご不要です。)     携帯 080-3124-7217
連絡係; 神保明生; suntzu.uketsuke@gmail.com
           jimbo-brightlife@docomo.ne.jp
     携帯    090-5780-3843

10. 講演後 質問コーナーと、懇親会がございます。ご参加をお待ちしております。

第178回月例会のご案内

朝夕は冷え込む季節になりましたが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。
第178回のご案内です。

1.日 時:平成28年11月12日(土) 14:00~16:30
2.場 所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折 80m左側

3.基調講演: 中国の核ドミノ戦略
4.講   師:  福山 隆 先生 (元自衛隊陸将)(元韓国防衛駐在官)
5.講師のプロフィール
第178回
昭和22(1947)年、長崎県生まれ。防衛大学校卒業(14期)。陸上自衛隊第16普通科連隊・普通科教導連隊・北部方面総監部・外務省安全保障課・第20普通科連隊・陸上幕僚監部防衛班・広報室・第32普通科連隊長(地下鉄サリン事件時)・陸幕調査第2課長(国外・技術情報)、情報本部初代画像部長・第11師団副師団長・富士教導団長・九州補給処長等を歴任し、平成17(2005)年、西部方面総監部幕僚長・陸将で退官。ハーバード大学アジアセンター上級客員研究員。現在、ダイコー株式会社取締役・相談役。幹部学校CGS卒

6.講演のポイント
(1)中国は、孫子の「百戦百勝は、善の善なる者に非ざるなり。 戦はずして人の兵を屈するは、善の善な
る者なり。」に従い、米国と戦わずして、北東アジアにおける覇権を獲得しようとしているのではないか。
(2)私の仮説――中国は、北朝鮮の核開発を意図的に援助し、続いて韓国、さらには日本の核武装を促
すそうという戦略ではないのか。日米・米韓同盟の究極の“かすがい”は「核の傘」だろう。日韓が核武装
をすれば、もはや米国の「核の傘」は不必要となり、日米・米韓同盟の破綻に繋がる(「丸」10月号掲載)
7.主要な著書等
①『「地下鉄サリン事件」戦記』 ②『北朝鮮が震える日』⑥『尖閣を奪え! 中国の海軍戦略をあばく』 ⑧「日本離島防衛論―島嶼国家日本の新国防戦略」⑨「空包戦記」 ⑩『「地下鉄サリン事件」戦記』文庫本、雑誌「丸」(光人社刊)に「続・空包戦記」(回想録)を自衛隊父兄会の月刊紙「おやばと」に情報関連のエッセイをそれぞれ連載中。 ③『防衛省と外務省』④『2013年、中国・北朝鮮・ロシアが攻めてくる』(幻冬舎刊)、 ⑤『防衛駐在官という任務』 ⑦『[親米派・親中派]の嘘』 ⑪現代軍事理論で読み解く「桶狭間の戦い」元陸将が検証する、信長勝利への戦略 (ワニブックス刊)  ⑫『君の名は、真知子』(小説近刊予定)

8.基礎講座: 12:30~13:30 第6期第3回「大戦略論(作戦篇・謀攻篇) 講師 海上知明理事
会 費  1000円(併せて講演会受講者は、以下の講演会会費から1000円引きです)
9.参加会費: 会員1500円   非会員2000円   学生1000円
10.申し込み先:Eメール  神保明生  suntzu.uketsuke@gmail.com   ・HP: http://sun-tzu.jp/
・FAX  047-425-6808 (前原)   ・TEL  080-3124-7217 (前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する



11.次回以降の特別講演会予定・・・・場所は偕行社です
*11月23日(土)13:00 中国と北朝鮮からの軍事的脅威をそれぞれ如何に認識し対応するか。
講師 冨澤 暉 (元陸上幕僚長・現偕行社理事長)

第177回定例会のご案内

1.基調講演:「安全保障と原子力技術の調和」

2.講 師 :  文沢 元雄 (ふみざわ もとお)氏 
(元日本原子力研究所主任研究員、現在は私立大学教授)


3.日 時:平成28年10月29日(土) 14:00~16:30

4.場 所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室
TEL03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折80m左側

5.参加会費:会員1500円 非会員2000円 学生1000円

6.講演のポイント
原子炉安全設計研究、原子炉運転の経験から、原子力発電の原理および応用、「3.11福島原子力発電所事故時の概要説明」並びに原子力推進への応用(商用船、艦艇)を解説する。併せて、安全保障の歴史に関する独自解釈、今後の展望について述べる。


7.講師プロフィール
昭和25年鹿児島県生まれ 東京大学大学院博士課程(昭和56年修了) 工学博士
*日本原子力研究所にて、原子炉の炉心熱設計研究、炉心安全性研究に従事(ドイツの研究所に派遣を含む)、原子力研修センター講師として、原子炉物理、原子炉工学、原子炉熱工学、放射線関係の講義を担当、原子炉運転を指導、研究用原子炉の原子炉主任技術者に従事、原子力発電所過酷事故時の総合訓練に参加。関連の取得資格は原子炉主任技術者免状、第1種放射線取扱主任者免状。
*現在は私立大学教員(教授)として、流体力学、伝熱工学を担当。
*ライフワークは原子力技術と安全保障の調和に関して、現実的な具体策の考察・提言に取り組む。

主な著書・論文等
・ペブルベッド型超高温ガス炉の熱設計の研究(共著:原題は英文)

8.基礎講座
今回は、基礎講座は開催いたしません。

9.申し込み先 :
・E-mail  suntzu.uketsuke@gmail.com (神保明生)
・HP    http://sun-tzu.jp (今後の予定の下に申し込み欄があります)
・FAX : 047-425-6808(前原)  
・TEL : 080-3124-7217(前原)

10.今後の予定
*第178回 H28.11.12 福山 隆氏(元陸将・駐韓国防衛駐在官) 「中国の核ドミノ戦略」
*特別講演会 H28.11.23 冨澤 暉氏(元陸上幕僚長・現偕行社理事長)『中国と北朝鮮からの軍事的脅威をそれぞれ如何に認識し対応するか』。
*第179回 H28.12.10 清水多吉氏(大正大学名誉教授) 「武士道か 士道か」
*第180回 H28.12.17 萩野茂雄・源次郎(三芳合金相談役・社長・工博)「下町ロケット②」

第176回月例会のご案内 

朝夕はめっきりと涼しくなりましたが、皆さま体調にはご自愛ください。

1.日 時:平成28年10月8日(土) 14:00~16:30

2.場 所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折 80m左側

3.基調講演: 戦略的思考の方法と中国の海洋進出に対する日本の安全保障戦略

4.講   師:  西村繁樹先生 (元ハーバード大国際問題研究所客員研究員) (元防衛大学校教授)

5.講師のプロフィール
176回月例会
1969年防衛大学校卒(13期)  第1特科連隊 内局国際室  ランド研究所客員研究員  ハーバード大学国際問題研究所客員研究員  防衛大学校助教授  陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛班  世界平和研究所主任研究員  陸上自衛隊幹部学校戦略教官  防衛大学校教授 (1等陸佐から文官に転換)  2012年定年退官
主な著書等
*SDI戦略防衛構想-“スターウォーズ”とは何か(教育社)
*日米同盟と日本の戦略(共著、PHP研究所)
*「戦略」の強化書(編著、芙蓉書房出版) 防衛戦略とは何かPHP研究所

6.講演のポイント
(1)戦略的思考の定型化
*「戦略的思考の方法」を 「情報重視のアングロサクソン型」と「任務重視のプロシア型」に大別する。
(2)中国の海洋進出
*中国の具体的活動と九段線の狙い
*戦略的意味合い
(3)日本の安全保障戦略
*任務重視型で環境の読みの甘い中国を「戦術的に重視し、戦略的に軽視する」。
*「中国のA2/ADの抑止と東・南シナ海の内海化の阻止」。

8.参加会費: 会員1500円   非会員2000円   学生1000円

9.申し込み先
・Eメール  神保明生  suntzu.uketsuke@gmail.com      ・HP: http://sun-tzu.jp/
・FAX  047-425-6808 (前原)   ・TEL  080-3124-7217 (前原)

Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する

第175回孫子経営塾月例会、第1回基礎講座のご案内

蒸し暑い日が続いております、みなさま熱中症にはご注意ください。
さて、9月は危機管理を取り上げます。
当面、会費を下げて月例会を開催いたします。ふるってご参加ください。

1.基調講演    『航空の安全管理と飛行機の操縦』

2.講師: 神保 明生  (元日本航空機長)

3.日時:平成28年9月10日(土) 14:00~16:30

4.場所:偕行社 3F
住所:京都千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折100m左)

5.会費:会員1,500円/非会員2,000円/学生1,000円

6.講演のポイント
航空界は、これまでの航空機事故の原因を調査し、安全対策の努力を続けてきました。現在、いかなる方式で航空安全を確保しているのかをお伝えし、航空以外の分野での危機管理に応用して頂きたく、また併せて、大型機の設計や操縦方法をご説明します。

7.講師プロフィール
1947年茨城県生まれ 1968年信州大学3年中退後(株)日本航空にパイロット訓練生として入社
以後、B727、DC8、DC10を経て、B747-400操縦教官室長政府専用機主任教官を務めた。
定年後、J-AIRに入社。CRJ-200の路線教官を最後に、2011年退職。
航空歴 44年、総飛行時間 19,258時間
現在、孫子経営塾理事。

8.孫子基礎講座(第1回)「孫子の成立過程と基本構造」
12:30~13:30
講師 海上知明(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

9.申し込み先:
メール:広報担当 神保 明生  suntzu.uketsuke@gmail.com
TEL:080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する

第174回孫子経営塾月例会

15周年記念大会は、みなさまのご協力のもと盛況のもとに幕を閉じました。地球規模の話題、新しい課題に孫子をどう適用するか?大きな宿題を先生よりいただきました。ありがとうございました。
8月は年次総会も実施しますので、会員の皆様はご参加ください。欠席の場合、下記申し込みフォームにて、議決権の委任について意思表示ください。


1.基調講演    『女性の役割と我が国の将来』

2.講師: 川畑 賢一 先生 (元小学校校長)(前船橋市議)


3.日時:平成28年8月6日(土) 14:00~16:30

4.場所:偕行社
住所:京都千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折100m左)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
*女性の皆さま・男性の皆さま“我が国の将来がかかる視点から
 の叫びと御高見”に期待したいと存じます。お待ち致して居ります。

7.講師プロフィール
・昭和25年鹿児島県生まれ 都留文科大学国文科卒業
・公立学校国語教員として小学校・中学校・高等学校に勤務。
・25歳より国語正常化に志す。
・現在、「新しい歴史教科書をつくる会」 千葉県支部長

著書
「政治問題としての国語問題」 (共著) 動向社刊 等

8.会員総会:会員は12:30~13:30 年次総会を実施致します。

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL:080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 総会より出席 月例会のみ出席 欠席

総会に欠席される方は、議決権の委任有無をお知らせください
 議決を議長に委任する 議決を議長に委任しない

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第173回孫子経営塾月例会~創立15周年記念講演会

6月も多くの方にご出席いただき、ありがとうございました。僭越ながら理事自ら講演をさせていただきました。

1.基調講演    『地球規模の課題』

2.講師: 愛知 和男 先生 元衆議院議員(9期 当選)元国務大臣(防衛庁長官、環境庁長官)一般社団法人日本介護事業連合会理事長・会長


3.日時:平成28年7月9日(土) 14:00~16:30

4.場所:偕行社
住所:京都千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折100m左)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
国会議員の時から環境問題に関心を寄せ、尽力をしてきました。
政界を引退した後も環境問題に取り組んでおります。
孫子の教えと地球規模の問題について講演させていただきます。


7.講師プロフィール
1937年東京都生まれ、1961年東京大学法学部卒業後、日本鋼管に入社。
衆議院議員(9期)、環境庁長官、防衛庁長官を歴任。元衆議院議員
2010年旭日大綬章を受章、現在、日本国際フォーラム参与、新憲法制定議員連盟幹事長、一般社団法人日本介護事業連合会理事長・会長

主な著書
・『次世代の日本へ−野に在りて国を思う−』 恒文社21、2002年10月
・『各界首脳と語る』 不昧堂出版、1986年11月
・『ここを変革すれば日本は必ずよくなる』 かんき出版、1995年9月

8.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL:080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第172回孫子経営塾月例会、第10回基礎講座のご案内

5月も多くの方にご出席いただき、ありがとうございました。身近な危機管理から国家の危機管理まで。幅広くご講義いただきました。
6月は、現地研修会および月例会を実施しますのでご期待ください。
2月からは開催場所を偕行社に移しましたのでご注意ください。


1.基調講演    『サイバー攻撃概論』

2.講師: 野田 知哉(孫子経営塾理事)

3.日時:平成28年6月25日(土) 14:00~16:30

4.場所:偕行社
住所:京都千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)左折100m左)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
数年前まではサイバー攻撃は他人事でした。しかし、今はサイバー攻撃の被害や対策に関する記事がほぼ毎日の新聞紙面に掲載されるなど、その重要性は高まる一方です。サイバー攻撃を受けた結果、企業の業績に大きく影響を与え、経営者が辞任に追い込まれるなど、その被害は多大なものがあります。また、標的は会社などの組織にとどまらず、個人にも向けられており、サイバー攻撃への対策は必須と言えます。
 本講演では昨年発生した日本年金機構での情報流出を事例に取り上げ、具体的にどのような攻撃がされたのか、どのような対策が取られたかをご紹介します。また、その他の事例もご紹介し、そこから得られる教訓を抽出することで、聴講いただいた方のセキュリティ意識の向上・対策スキルの向上に貢献したいと考えております。

7.講師プロフィール
昭和50年兵庫県生まれ 大阪市立大学修士課程修了(平成12年)
卒業後、NTTコミュニケーションウェア(現NTTコムウェア)入社。
札幌、東京、大阪、インドなどで多くの基幹業務システムの開発に従事。
組織人事担当などを経て、現在は、金融業界の基幹業務システム開発に従事。
セキュリティエキスパート。

8.孫子基礎講座(第10回)「まとめ」
12:30~13:30 
講師 海上知明(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL:080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第14 回現地研修会のご案内

毎年6月に実施しております現地研修会、詳細が決まりましたのでご案内いたします。
今年は館山方面を訪問します。また、料理自慢の宿を見つけましたので、こちらもご期待ください。

1.目的 : 南房総の東京湾要塞及び本土決戦準備(特攻・決戦)及び降伏調印後唯一米軍が上
陸し軍政をしいた館山一帯の戦跡を巡り、英霊に敬意を表すると共に、歴史を辿り国に誇りを取り
戻す一助とする。併せて孫子の理解を深める。

2.時期:平成28年6月4日(土)11:30~6月5日(日)16:30
(1)出 発:6月4日(土) 11時30分 JR 蘇我駅東口 (京葉線・外房線・内房線)
(2)解 散:6月5日(日) 16時30分 同 上
(2)移動手段:貸し切りバス

3.研修先
(1)鋸山一帯 ・・・・・・・・ (戦闘陣地・砲台跡・司令部跡・慰霊百尺観音等)
(2)大房(ダイブ)岬 ・・・・ (砲台・探照灯・魚雷/震洋発進基地跡)
(3)波左間一帯 ・・・・・・ (震洋発進基地跡)
(4)館山航空基地一帯 ・・・・・・・(米軍上陸地・指揮所・航空機掩体跡等)
(5)三芳村一帯 ・・・・・・・(桜花特攻基地発射台等)

4.宿泊先・・・・親睦会実施予定
波佐間 「伝平」 千葉県館山市波左間944 TEL:0470-29-0175(代)
FAX:0470-29-0174

5.会 費 20,000円前後(バス代・懇親会費・宿泊費・昼食1・入場料含む)

6.定員 20名(先着順)

7.申込先
氏名、電話番号、メールアドレス、住所を添えて、下記までご連絡ください。
・広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
・TEL/FAX:047-425-6808 080-3124-7217 (前原)