保護中: 講演資料

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

最近の投稿

第191回月例会のご案内

1.日時:平成29年10月14日(土) 14:00~16:30
2.場所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
    JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号「東郷公園入口」右折 80m進む
    左側建物翆ビル三階(三階外側に偕行社の看板あり。一階は田中歯科。)

3.講師:太田文雄氏 元:海将・防衛省情報本部長・防衛大学校教授・政策研究大学院大学教授
          現:国家基本問題研究所企画委員
          国際関係論博士・国家資源戦略修士・国際公共政策修士
4.基調講演 【孫子を基盤とする中国のハイブリッド戦】
5.講演の要旨 
 ハイブリッド戦はロシアの東ウクライナ・クリミア併合だけではなく中国も行なっている。違いはActorがロシアはLittle Green Menなのに対し中国はLittle Ble men(海上民兵)を使用した既成事実の積み上げによる領土の拡大。同時に情報・プロパガンダ戦を併用しており、その基盤は『孫子の兵法』。特に用間篇第十三を現在的に適用している事例と人民解放軍がいかに『孫子の兵法』に影響を受けているかについて講演者の実体験を説明する。
6.講師プロフィール
孫子
昭和23年1月10日(東京都生まれ)
昭和45年防衛大学校卒(14期) 海上要員 航空工学科
昭和55年米海軍兵学校教官 昭和63年 ゆうぐも艦長
*主要著書:『「情報」と国家戦略』(2005. 3)、『日本人は戦略情報に疎いのか』(2008.1)、『同盟国
盟国としての米国』(2009.10)、『国際情勢と安全保障政策』(2010.4)、『世界の士官学校』(2013.5)、『国際情報戦に勝つために』(2015.6)、共著:『危機管理の理論と実践』(2010.9)、『中国の海洋戦略にどう対応すべきか』(2011.8)、以上全て芙蓉書房、『日本の存亡は「孫子」にあり』(2014年5月)致知出版社The U.S.-Japan Alliance in the 21st Century, 英Global Oriental社(2006年4月)

7.孫子基礎講座: 12:30~13:30 講師: 海上知明
         第7期第2回 基礎孫子講座: 「第一始計篇」
8.参加費(基礎講座と講演会): 一般2000円  孫子経営塾会員1500円  学生1000円
9.参加申し込み(出来るだけ事前にお知らせ下さい。) E メール sonshi.japan@gmail.com
 HP: http://sun-tzu.jp/    FAX:047-425-6808  TEL:前原塾長: 080-3124-7217 
10.次回は、11月11日(土)14:00 大中勝博氏(HERMES SYSTEMS社長)・テーマ「仮題:南京事件の真実」

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


  1. 第190回月例会のご案内 コメントをどうぞ
  2. 第189回月例会のご案内 コメントをどうぞ
  3. 創立16周年記念講演(第188回月例会)のご案内 コメントをどうぞ
  4. 現地研修会のご案内 コメントをどうぞ
  5. 第187回月例会のご案内 コメントをどうぞ
  6. 第186回月例会のご案内 コメントをどうぞ
  7. 第185回月例会のご案内 コメントをどうぞ
  8. 海上理事がTV出演いたします(BS11 3月15日20:00~) コメントをどうぞ
  9. 第184回孫子経営塾月例会のご案内 コメントをどうぞ