第190回月例会のご案内

1.日 時:平成29年9月9日(土) 14:00~16:30

2.場 所: 東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
     JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号「東郷公園入口」右折 80m進む
左側建物翆ビル三階(三階外側に偕行社の看板あり。一階は田中歯科。)

3.講師:  森  充  (東海大学講師、 元日本航空747機長) 

4.基調講演 【世界を動かすのは誰か】 
      ――資本主義と共産主義の左右両極限は一致する――
5.講演のポイント 
   日露戦争の勝利は、国際金融財閥の資金援助が大きく貢献していましたが、
  その後の第一次大戦の戦費を、連合国はどの様に工面したのでしょうか?
  連邦準備制度(FRB)とは、国立銀行ではなく私立銀行の集合体で有る事をご存知でしょうか?
   ロシア革命の資金援助はどの様な人達に依ってなされたのか?日本の国体維持と防共の為の
  シベリア出兵に何故米国は敵対したのか。仕組まれていた日米の敵対と、泥沼化された支那戦線。
   国際連盟の本質を見抜いていた帝国陸軍の現地情報と戦後のスパイ暴露の「ヴェノナ文書」
  との一致! 今日のグローバリズムは、 「共産主義の擬態」 にすぎない、、ことを多くの人に
  一日でも早く気が付いてほしいと願っています。
  
孫子

講師プロフィール:1947年香川県生れ。1969年玉川大学から日本航空パイロット訓練生として入社。防衛庁委託学生として航空自衛隊で基礎訓練後、DC8、B747機長を経てB747-400操縦教官査察運航乗務員、欧州路線主席、米州路線室長、ライン操縦教官を最後に2007年定年退職。2008年より東海大学海洋学部航海学科に入学、40日間の国内航海実習を経て2012年卒業。現在東海大学海洋学部非常勤講師を務める。航空歴38年、総飛行時間16.347時間。日本危機管理学会会員(学会報告はエアラインに関する危機管理/危機管理研究第23号)孫子経営塾理事。偕行社賛助会員。剣道教士七段。

7.孫子基礎講座: 12:30~13:30 講師: 海上知明
 第7期第1回初級孫子講座:『孫子』の成立過程と基本構造 
8.参加費(基礎講座と講演会): 一般2000円  孫子経営塾会員1500円  学生1000円
9.参加申し込み(出来るだけ事前にお知らせ下さい。) sonshi.japan@gmail.com FAX:047-425-6808
 HP: http://sun-tzu.jp/                  TEL:前原塾長: 080-3124-7217 
10.次回は、10月14日(土)太田文雄氏(元防衛省情報本部長
「孫子を基盤とする中国のハイブリッド戦」

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する