第186回月例会のご案内

1.日 時:平成29年5月13日(土) 14:00~16:30
2.場 所:東京都千代田区九段南4-3-7 偕行社3F-AB室 TEL03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)右折 80m進む 左側

3.基調講演: 【 『敵を知り己を知らば百戦危うからず』 を実践して生き残ったタイ国の戦略 】

4.講   師: 松本 利秋 氏 (国士舘大学政経学部政治行政学科・経営学部講師)

5.講師のプロフィール
第185回
1947年高知県安芸郡生まれ。1971年明治大学政治経済学部政治学科卒業。国士舘大学大学院政治学研究科修士課程修了。政治学修士。国士舘大学政経学部政治行政学科・経営学部講師。
ジャーナリストとしてアメリカ、アフガニスタン、パキスタン、エジプト、カンボジア、ラオス、ミャンマー、極東ロシア、北方領土などの紛争地帯を取材。
TV、新聞、雑誌のコメンテイター、各種企業省庁などで講演。

著 書 :『戦争民営化』(祥伝社)・『国際テロファイル』(かや書房)・『極東機器の最前線』、(廣済堂出版)
『軍事同盟・日米安保条約』(クレスト社)・『「逆さ地図」で読み解く世界情勢の本質』(SBクリエイティブ)
『日本人だけが知らない「終戦」の真実』(SBクリエイティブ)・『なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか』
(SBクリエイティブ)など多数。

6.講演のポイント
15世紀から16世紀にかけて起きた東南アジア戦国時代にビルマ・カンボジアとの熾烈な戦いを勝ち抜
き、17世紀に東南アジアで始まった欧州列強の植民地争奪戦の中で唯一独立を保ち、第二次大戦では
日本と同盟を結び、米英に宣戦布告を行ったタイ国が戦争終結後の国際社会では敗戦国としての扱いを
受ける事はなかった…この驚嘆すべきタイ国の歴史の事実の裏には徹底した情報収集と、彼我の力量を
冷徹に見通し、勝てないと悟れば、強い相手とは絶対に闘わないという強靭な意思があった。今回はタイ
の歴史と戦略に的を絞って極めて実践が難しい孫子のテーゼを成功させた過程を述べてみたい。

7.基礎講座: 12:30~13:30 第6期第9回初級孫子塾講座  「地形篇」・「九地篇」 講師 塾長
会   費  1000円(併せて講演会受講者は、以下の講演会会費から1000円引きです)

8.参加会費: 会員1500円   非会員2000円   学生1000円

9.申し込み先 ①Eメール:神保明生  sonshi.japan@gmail.com   ➁HP:  http://sun-tzu.jp/
③FAX: 047-425-6808 (前原) ④TEL: 080-3124-7217 (前原) 何れでも可です。

10.次回187回 H29.6.3 講 師:  拓海 広志 氏(海洋・海事ライター、アルバトロス・クラブ代表)
テーマ:  【サプライチェーン・ロジスティクス-競争戦略と協働戦略】