第142回孫子経営塾月例会、5回初級孫子塾講座のご案内

1.基調講演   『日本列島の戦略環境』

2.講師 柿原 国治(防衛省 航空幕僚監部人事教育部人事計画課長、一等空佐)
3.日時:H26年1月18日 (第3土曜日)14:00~17:00
4.場所:JICA市ヶ谷ビル 
  住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
  市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから佐内坂を登る(駅から約10分)
5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円
6.講演のポイント
米中パワー・トランジッション期における我が国周辺の戦略環境について、地政学及び歴史的視点からその構造変化を大局的に概観する。その上で、中国の膨張と米国の対中戦略について焦点を当て、尖閣諸島を巡る戦略構図と日米同盟について、現在の問題点等を提示したい。
なお、中国の膨張については、中国が仕掛ける尖閣領有化行動や防空識別区設定の背景にある中国の戦略思想(孫子の兵法)からの分析も加える。また、流動的な北朝鮮情勢及びASEANを巡る米中の駆け引きについても取り上げ、いくつか議論の題材を提示したい。

昨今、急激な変化の様相を見せる日本の戦略環境について、現役自衛官による豊富なご経験に裏付けられたご講演が期待できる事と思います。是非とも多くの皆様のご出席をお待ち申し上げます。

7.講師プロフィール
柿原 国治(かきはら・くにはる) 防衛省 航空幕僚監部人事教育部人事計画課長、一等空佐
 ・防衛大学校(32期)昭和63年卒業後、航空自衛隊入隊。筑波大学大学院地域研究修士課程修了、米国防大学国家安全保障戦略修士課程修了。専門は国際関係論、戦略論。
 ・外務省国際情報局分析第1課出向、財団法人世界平和研究所主任研究員、第21高射隊長兼車力分屯基地司令、航空幕僚監部防衛課編成班長、第8航空団(築城基地)基地業務群司令、統合幕僚監部運用調整官を経て現職。
 ・主な著作は、「核抑止理論再構築と弾道ミサイル防衛を巡るパワー・ゲーム-新たな戦略転換期における我が国の対応-」、「9.11パラダイム・シフト:対テロ戦争の行方と米国の新国防戦略」、「対中戦略のあり方-中国との付き合い方の原則」、「日中間における安全保障上の課題と我が国の対応」、「朝鮮半島問題の地政学的分析と我が国の対応-北朝鮮の核・弾道ミサイル脅威へ如何に対処すべきか-」(いずれも世界平和研究所発行)。
 ・昨年末、「PHPグローバル・リスク分析2014年版」執筆参加。

8.基礎講座 
 時間:12:30~13:30
 内容;第5回「作戦・謀攻編」
 会費:1000円 (本講座受講者は無料)

9.申し込み先:
締め切りました。
 広報担当 浅野大介       ema9111116@gmail.com 
 FAX: 047-425-6808 (前原)
 TEL: 070-6465-3806(杉之尾)