事務局報告 H25/04/01

    次回予定
  • 孫子経営塾勉強会 第132回
  • 基調講演 「中国における地図の発達史」
  • 講師:今村 遼平氏 (アジア航測KK顧問技師長)
  • 日時:H.25年5月18日 (第3土曜日)14.00~17.00

    事務局報告
  • 6月1日(土)~2日  一泊2日 四街道・松戸方面現地研修参加の最終確認
  • 講師追加 緊急決定 9月7日(土) 荒谷卓先生(明治神宮至誠館館長・初代特殊作戦群長) 
    従って 既に連絡の9月21日 S.モリス(豪州副武官)と9月は2回です

第131回 孫子経営塾勉強会(第131回)及び現地研修(11回)の同時ご案内

桜は満開なれど 肌寒い日々 季節のまさに変わり目 体調管理に気をつけましょうね。
さて 今回の講師は 前原塾長です。’11年1月(104回) 10年目を記念して 塾長が決意を持って始めだした「大東亜戦争の
戦略的考察(本土決戦篇)」5回シリーズの第4回目に成ります。今回は いよいよ敗戦前の 特に B29 の空襲、原爆等
圧倒的物量の敵軍を前に 日本としての戦いについて 孫子的考察を加えて 前原流に語っていただきます。
尚 この延長に 6月の現地研修を位置づけておりますので 合わせて 現地研修の勘所も語っていただきます。
是非 皆様の積極的なご参加を期待いたします。ご返事は A(勉強会 4月20日) 及び B(現地研修 6月1日~2日)について
各々 参加の可否を記入下さい。
A. 勉強会 参加 不参加
B 現地研修 参加 不参加 (陸自学校は1ヶ月 前に 名簿提出が必要なためです。)

追記 次年度最終(’14年3月)は 「特攻」になる予定です。尚 このシリーズは 本文のみでも 500頁のテキスト化を行う
予定です。 塾の財産として 活用していきたいと思います。ご期待下さい。

A. 孫子経営塾勉強会 131回

    • 基調講演 「大東亜戦争における本土決戦と防空作戦」
    • 講師:前原 清隆先生(孫子経営塾塾長)
    • 日時:H.25年04月20日 (第3土曜日)14.00~17.00
    • 場所:JICA市谷ビル 大会議室(2階)
    • 会費:会員2,500円/非会員3,500円
    • 講演のポイント
      ①我が国の防空戦思想と戦備
      ②米軍の航空戦略と我が国の対応
      ③空襲の実態と国民の疲弊
      ④原爆投下と敗戦
      ⑤B29捕虜を巡る日米法戦
      ⑥孫子的考察 通常は不可の内容です。

    • 同日・同場所にて
      10.30~11.30  自彊術健康体操  中止 (坪川 私用付 15時より参加)
B. 現地研修会1泊2日の旅 (11回)
    • 講師:前原 清隆先生(孫子経営塾塾長)
    • 日時:H.25年6月1日(土)〜2日(日)
    • 宿泊場所:新鎌ヶ谷駅前東横INN
    • 会費:会員18,000円/非会員20,000円
    • 募集人員:15名(最少携行人員 10名)
    • 主要内容
      ①陸自高射学校(下志津)・・・戦史資料館、最新対空ミサイル部隊訓練研修
      ②陸自需品学校(松戸)・・・需品資料館、落下傘工場、野草園(毒草)
      ③史跡めぐり・・・ロケット戦闘機燃料庫跡、高射連隊跡、鉄道連隊跡  参加者には詳細別途配布予定
      ※①②共に塾長の元勤務地のため見学可能となったところで