第168回孫子経営塾月例会、第6回基礎講座のご案内

1月は孫子を改めて見直し、一字一句にこめられた意味を考えることができました。
つい、先入観を持って読んでしまいがちですが、解釈を交わすことで、多くの気づきを得られました。
2月からは開催場所を偕行社に移しますのでご注意ください。


1.基調講演    『日本人のアメリカ認識』

2.講師: 殿岡昭郎 先生

3.日時:平成28年2月6日(土) 14:00~16:45

4.場所:偕行社
住所:京都千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
JR/メトロ市ヶ谷駅から靖国神社方面へ3つ目の信号(東郷公園)左折100m左)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
中国の少数民族問題、それは一言でいえば「日本人の死角――アメリカ認識」と言うことになります。孫子の一節に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とあります。どちらも難しいことですが、一国が単独では生き抜けない現在世界において、盟友を知る事も同様に必要にして困難なことです。日本人は諸般の事情からアメリカを十分知ることなく同盟関係を結んできたことの様に思われます。これが私の危惧であり反省です。これをお話して皆さんのご参考に供したいと思います。


7.講師プロフィール
昭和16年(1941)栃木県足利市生れ。
昭和41年(1966)、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
中村菊男氏に師事。
昭和46年(1971)、慶応大学院法学研究科博士課程終了(政治学専攻)。
駒沢大学法学部専任講師、東京学芸大学助教授、金沢工業大学国際問題研究所副所長などをつとめる。
インドシナ半島問題に深く関わり、現地で様々な活動するだけでなく、ベ平連運動とも鋭く対立した。特に本多勝一を「ハノイのスピーカー役を果たしている」とみなして争い、完全勝訴する。昭和56年(1981)に出版した『言論人の生態』では、ハト派と称される左翼言論人を批判的に分析した。また中国内の少数民族の独立支援も積極的に行い、チベット、ウイグル、内モンゴルなどの亡命政府と連携も進めるとともに、中共政府による少数民族に対する大量虐殺、迫害などの事実を日本に紹介している。

主な著書
『現代新聞紙学』玉川大学出版部、1979年
『アメリカに見捨てられた国』創世記出版、1980年
『言論人の生態―思考と行動と知性を衝く』高木書房、1981年
『侵略の歴史―国際共産主義の100年』地球社、1983年
『体験的本多勝一論―本多ルポルタージュ破産の証明』日新報道社、2003年
『尖閣諸島灯台物語』高木書房、2010年



8.孫子基礎講座(第6回)虚実篇 
12:30~13:30 
講師 海上知昭(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL:080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第167回孫子経営塾月例会、第5回基礎講座のご案内

12月は椅子が足りなくなるほどの盛況ぶりでした。多数のご参加、ありがとうございました。
2016年も魅力ある講演を実施したとい考えております。


1.基調講演    『孫子がわかれば、中国がわかる』

2.講師: 西田陽一 株式会社 陽雄 代表取締役社長

3.日時:平成28年1月16日(土) 14:00~16:45

4.場所:JICA市ヶ谷ビル
住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから左内坂を登る(駅から約10分)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
「孫子」などの古典戦略エッセンスを取り上げ、中国の立ち位置やアプローチの仕方について考えてみる。情報量でもって現代情勢を論ずるよりも、古典から浮かび上がる知恵を用いて考えてみることで、現象よりも本質へ迫ることを参加者と積極的に質疑応答しながら試みたい。


7.講師プロフィール
昭和51年北海道に生まれる。ワシントン州立大学経済学部卒業。鉄鋼商社勤務を経て現在、株式会社陽雄・代表取締役。会社経営の傍らで『孫子』『戦争論』(クラウゼヴィッツ)など戦略・古典を中心に作家活動を続けている。日本クラウゼヴィッツ学会・理事、戦略研究学会・会員。明治大学リバティアカデミー講師をつとめる。
現在、自衛隊幹部学校(Command & Staff College)の幹部高級課程(AGS)、指揮幕僚課程(CSC)などにおいて幹部自衛官に対して「戦略概説」(孫子の戦略)の講義を担当。海上自衛隊航空学生への「国防論」(国際関係論)の講義を担当。
著訳書等に「米陸軍戦略大学校テキスト 孫子とクラウゼヴィッツ」(日本経済新聞出版社)、「戦略古典の本質 孫子がわかれば、中国がわかる」(ダイヤモンド社)などがある。


8.孫子基礎講座(第5回) 
12:30~13:30 
講師 海上知昭(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第166回孫子経営塾月例会、第4回基礎講座、忘年会のご案内

早いもので2015年も師走に入りました。今年の最後の講演は孫子です。戦略学の視点から孫子について考えます。基礎講座(第4回)で謀攻篇を取り上げます。
また、恒例となりました忘年会も実施します。みなさまにご参加いただき、より親交を深めたいと考えております。今年最後の月例会、みなさまのご参加をお待ちしております。12月は忘年会実施の都合上、会場・開始時間が異なりますので、ご注意ください

1.基調講演   「孫子の新解釈;戦略学の視点から」

2.講師:奥山 真司 (おくやま・まさし) 先生

3.日時:平成27年12月26日(土) 13:30 ~ 15:30

4.場所:銀座サロン・ド・ジュリエ(Salon de Julliet)03-3543-3151
東京都中央区銀座5-13-16東銀座三井ビル1F
東京メトロ東銀座駅4番出口右へ三原橋交差点に面し左折、日高屋の奥隣り徒歩1分 左側(案内板あり)


5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
「戦略学の世界で新しい孫子理解が進んでいる。その全貌の紹介」。戦略学の大家による「孫子の魅力」を、クラウゼヴィッツをはじめとする西洋の戦略理論と比較することによって味わうことが出来るのではないかと期待するところです。とりわけ老子、ルトワック、そしてジョン・ボイドという戦闘機乗りたちの理論と比較しながら、西洋と東洋の戦略思想はどう違うのか、そしてそれが日本人にとってどのような意味を持つのかについて語ります。
多くの皆様のご参加をお待ち致しております。

7.講師プロフィール
1972年(昭和47年)神奈川県横浜市生まれ。国際地政学研究所上席研究員。
カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、英国レディング大学院修了。戦略学博士(PhD)。

主な御著書
・「地政学アメリカの世界戦略地図」(五月書房)
・主な訳書に「大国政治の悲劇」「米国世界戦略の核心」(五月書房)、「戦略論の原点」「自滅する中国」「現代の軍事戦略入門」(芙蓉書房出版)など。

8 孫子基礎講座(第4回)
「謀攻篇」12:00~13:00
講師 海上知昭(理事)
会費 1000円(併せて本講座受講者は夫々の会費から1000円引きです

9.忘年会
基礎講座・基調講演終了後「忘年会」を兼ねて懇親会を実施いたします。会場は引き続き、銀座サロン・ド・ジュリエを使用します。
別途会費 2000円 (学生 1000円)

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座に出席 基礎講座に欠席

 月例会に出席 月例会に欠席

 忘年会に出席 忘年会に欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する



出版のお知らせ(孫子の盲点 信玄はなぜ敗れたか?)

みなさま。
基礎講座を担当しております海上理事が出版しましたので、お知らせいたします。

孫子の盲点 信玄はなぜ敗れたか? (ワニ文庫)
Amazonのサイトへ

基礎講座では、武田信玄やその他有名武将を用いて孫子全編を紹介しておりますので、こちらもご参加ください。

今週は読書週間でもあります。
秋の夜長のお供にいかがでしょうか。

第163回孫子経営塾月例会、第1回基礎講座のご案内

ようやく猛暑も一息ついたでしょうか。でも、まだまだ暑い日が続きます。体調管理にご注意ください。
9月は暗号を取り上げます。軍事だけでなく、情報通信など幅広い分野で使用されている暗号に迫ります。ぜひとも皆様ご参加ください。
また、基礎講座の第1回を開催します。これを機に、孫子の原文に触れてみてはいかがでしょうか。

1.基調講演    『暗号学』

2.講師: 清水多吉 大正大学名誉教授

3.日時:平成27年9月19日(土) 14:00~16:30

4.場所:公益財団法人 偕行社3階Aルーム 通常と会場が異なります。ご注意ください。
住所:千代田区九段南4-3-7    電話:03-3263-0851
市ヶ谷駅から靖国神社方面へ進む3番目の信号(東郷神社)右折約100m左(偕行社)
(駅から約10分以内)
地図はこちら

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
「謎の言葉(暗号)」への招待
暗号は今日、単に軍事−政治用のみならず、広くわれわれの日常生活に入りこんできています。私の話では、数学、物理学の話をなるべく使わず、暗号の種類と歴史を紹介し、更には暗号の作り方と逆にその解読の方法を説明しようと思います。
そしてまた実は、暗号解読学は単に軍事−政治の面だけではなく、今日、多方面で応用されていることもあわせてお話しようと思っております。


7.講師プロフィール
会津若松生まれ。東京都立新宿高等学校を経て東京大学文学部哲学科卒。
1963年から立正大学勤務、のち教授、2004年定年退任、名誉教授。フランクフルト学派の研究を専門にされている。

著書:『岡倉天心』、『美と裏切り』 (中公叢書)など
共著:『クラウゼヴィッツと「戦争論」』
翻訳:『戦争論』など


8.孫子基礎講座(第1回) 
「始計篇」12:30~13:30 
講師 海上知昭(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第162回孫子経営塾月例会、年次総会のご案内

記念大会には50名以上の方にご参加いただき、盛況のうちに幕を閉じました。また、懇親会にも20名近くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。
さて、8月も重要なテーマを取り上げますので、ふるってご参加ください。また、年次総会を開催しますので、会員のみなさまはご参加をお願いします。

1.基調講演    『中国の南シナ海進出問題』

2.講師:鍛冶 俊樹 氏  軍事ジャーナリスト  会員

3.日時:平成27年8月8日(土) 14:00 ~ 16:45

4.場所:JICA市ヶ谷ビル
住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから左内坂を登る(駅から約10分)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
中国の南シナ海埋立てが国際的に問題になり、米中対立の様相を示している。一方、アセアンは日本のリーダーシップに期待している。この状況を分析し日本が如何なる戦略で対処すべきかを考える一助としたい。
以下の流れで講演予定:(1)問題の経緯 (2)中国の真意 (3)米国の戦略 (4)日本の立場  (5)過去の事例

7.講師プロフィール
・1957年生まれ、埼玉大学教養学部卒、
・1983年、航空自衛隊入隊、1994年退職
・1995年、第1回読売論壇新人賞受賞、
・2011年 メルマ!ガ オブ ザイヤー受賞
・2012年 アパ「真の近現代史観」懸賞論文入賞

著書
・近著:「領土の常識」
・監修:「イラスト図解戦闘機」
・メルマガ「鍛冶俊樹の軍事ジャーナル」無料登録受付中


8.年次総会
12:30~13:30 
会員のみなさまはご参加をお願いします。

月例会終了後懇親会予定(別途会費)

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL : 080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 総会より出席 月例会のみ出席 欠席

総会に欠席される方は、議決権の委任有無をお知らせください
 議決を議長に委任する 議決を議長に委任しない

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


創立第14周年記念講演会(第161回孫子経営塾月例会)

みなさまのご支援のもと、孫子経営塾は14周年を迎えます。記念大会を行いますので、ふるってご参加ください。

1.基調講演    『インテリジェンス機関創設を巡る諸考察』

2.講師: 大森 義夫 先生  元内閣調査室長 現在 日本文化大学学長


3.日時:平成27年7月18日(土) 14:00~16:30

4.場所:JICA市ヶ谷ビル
住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから左内坂を登る(駅から約10分)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
先生は 宮沢喜一内閣から橋本龍太郎内閣までの五代に亘り内閣調査室(内調)長を務められ歴代総理大臣のブレーンとして定期的及び随時のインテリジェンスに関する報告等に任じられ様々な危機管理に当られる等、名実共に我が国のインテリジェンス界を代表されるプロフェッショナル的存在です。孫子と共に大所高所からのお話を頂けることを大いに期待できます。多数の皆様のご参集をお待ち致しております。


7.講師プロフィール
1939年、東京生まれ。
東京大学法学部卒。警察庁に入庁後、警視庁公安部長、警察庁長官官房審議官、警察庁長官官房総務審議官、警察大学校長、内閣官房内閣情報調査室長を経て退官。
退官後、外務省「対外情報機能強化に関する懇談会」座長、日本電気株式会社取締役専務等を歴任、現在、日本文化大学学長。

主な著書
・『国家と情報―日本の国益を守るために』 ワックBUNKO 2006年
・『日本のインテリジェンス機関』 文春新書 2005年
・『「インテリジェンス」を一匙 ― 情報と情報組織への招待』 選択MADE 2004年
・『危機管理途上国 日本―万一の事態にどこまで対応できるのか? 』 PHP研究所 2000年

8.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL : 080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第160回孫子経営塾月例会、第9回孫子基礎講座のご案内

6月は現地研修会も予定しておりますので、ふるってご参加ください。

1.基調講演    『中国とはどういう国か、何をせんとしているのか』

2.講師:中村 義博 氏

3.日時:平成27年6月13日(土) 14:00 ~ 16:45

4.場所:JICA市ヶ谷ビル
住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから左内坂を登る(駅から約10分)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
(1)内政面:共産党一党独裁の維持と改革開放政策の両立はいかに可能か。習近平主席の人物像(毛沢東思想信奉など)、出世コース、三つ巴の権力闘争、政権基盤の脆弱さをいかにして克服するか、党は軍を抑えられるか、軍の実態如何、汚職追及の意味合い如何、民主派の反撃はいつ。
(2)経済面:一人っ子政策、生産労働人口のピーク、過剰投資、消費不足、影の銀行、債務膨張とデフレ圧力のジレンマ、ニューノーマルの経済、環境問題など。
(3)外交面:外交小組、外交は内政の手段、上海協力機構、露との便宜上の結婚、海洋進出、対米新大国関係、BRICS、既存秩序への挑戦、AIIBなど。


7.講師プロフィール
元ウルグアイ大使
1942年滋賀県生まれ 現在は千葉市在住 
1966年外務省に入省 2005年在ウルグアイ大使歴任後退官 
国際労働財団理事
千葉経済大学非常勤講師

(3)著書
・「ユーゴの民族対立:平和の創成を求めて」(サイマル出版) 
・「ODAによるNGO支援」(共著、連合)

8.孫子基礎講座(第9回) 
12:30~13:30 
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

月例会終了後懇親会予定(別途会費)

9.申し込み先:
メール:広報担当 浅野大介 ema9111116@gmail.com
TEL : 080-3124-7217(前原)
FAX:047-425-6808(前原)
Web:上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第159回孫子経営塾月例会、第8回孫子基礎講座のご案内

4月は海運について考えました。島国である日本にとって重要な海運。それがどのような状況下にあるのか、最新の情報を使って学ぶことが出来ました。
6月には現地研修会も予定しておりますので、ふるってご参加ください。

1.基調講演    『日本の最大の敗因「兵站軽視」』

2.講師:山田 順

3.日時:平成27年5月23日(土) 14:00 ~ 16:45 ※第4土曜日の開催です。ご注意ください。

4.場所:JICA市ヶ谷ビル
住所:新宿区谷本村町10-5    電話:03-3269-2911
市ヶ谷駅から左折 陸橋を渡り ルノアールから左内坂を登る(駅から約10分)

5.会費:会員2,000円/非会員2,500円/学生1,000円

6.講演のポイント
なぜ日本軍は兵站を軽視し続けたのか?
兵站の重要性を理解していたなら「大東亜・太平洋戦争」はまったく違う展開になっていたのではないか?
この視点で切り込んでいただきます。 

7.講師プロフィール
(1)1976年立教大学卒業後、光文社入社。『女性自身』編集部、『カッパブックス』編集部を経て、2002年『光文社ペーパーブックス』を創刊し編集長就任。2012年退社してフリーランスに。
(2)現在、作家、ジャーナリストとして取材・執筆活動をしながら、紙と電子の両方の出版プロデュースも手掛けている。専門分野はメディア、経済、ビジネス。
(3)著書
・出版大崩壊、資産フライト(ともに文集新書)
・円が消滅する日(日文新書)
・新聞・出版絶望未来(東洋経済新報社)
・中国の夢は100年たっても実現しない(PHP)
・すべてを手に入れた1%の人々はこう考える、日本が2度勝っていた大東亜・太平洋戦争(ともにヒカルランド)
・日本人はなぜ世界での存在感を失っているのか(ソフトバンク)


8.孫子基礎講座(第8回) 
「地形篇」「九地篇」12:30~13:30 
講師 海上知昭(理事)
会費 1000円 ※月例会講座受講者は無料

月例会終了後懇親会予定(別途会費)

9.申し込み先:
広報担当 浅野大介       ema9111116@gmail.com
FAX: 047-425-6808 (前原)
上記連絡先に申し込んでいただくか、下記に必要事項を記入し、「送信」してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

出欠(必須)
 基礎講座より出席 月例会のみ出席 欠席

メッセージ本文
補足があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する


第13回現地研究会(情報戦・諜報戦)

第13回現地研究会(情報戦・諜報戦)の概要が決まりましたので、お知らせいたします。(5/1一部更新)

1.目的
(1)靖国神社を参拝し英霊に対して誠を捧げる。
(2)遊就館及び首都圏内の関連遺跡を巡り、3月月例会「大東亜戦争における情報・諜報戦」の成果に加え実地における追体験を重ねると共に孫子の理解を深める。

2.日程
平成27年6月6(土)~7(日) 一泊二日

集合:6月6日(土) 12:50靖国神社参集殿入口
解散:6月7日(日) 15:00~16:00頃 東横線日吉駅予定

3.研修先
6月6日(土)
(1)靖国神社昇殿参拝
(2)遊就館
(3)陸軍中野学校跡(中野駅周辺)

6月7日(日)
(4)陸軍登戸研究所跡(明治大学生田キャンパス内)
(5)陸軍兵器補給廠田奈弾薬庫跡(横浜市「こどもの国」内)
(6)海軍東京通信隊蟹ヶ谷分遣隊跡(通信傍受基地)(日吉地下壕と連接)・川崎市平和館

4.宿泊:高円寺駅周辺予定(希望者のみ)

5.懇親会 ホテル近傍で実施(中野~高円寺付近を予定)

6.参加費用
宿泊・懇親・貸切バス代・資料代など含めて2万円程度
※参加費用詳細など、決定次第ご連絡いたします。

7.申込
下記のいずれかに、ご連絡ください。
・広報担当 浅野大介 E-MAIL ema9111116@gmail.com
・FAX : 047-425-6808(前原)
・TEL : 080-3124-7217(前原)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

現地研修会出欠(必須)
 現地研修会に出席

メッセージ本文
連絡事項があれば、ご記入ください

 上記内容で出欠を送信する